口下手、雑談恐怖を3日で直す!おしゃべり心理学!
<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>

緊張した時になる赤面を防ぐ方法

赤面というのは、緊張や恥ずかしさなど、
心理的ストレスが不意にかかったとき、

顔面に存在する毛細血管が拡張して、
そこに流れる血液の量が増えるために表皮から透けて、
顔が赤く見える現象です。

数分で治りますが、「赤面」を治したい人は
かなりいるみたいです。

では、手軽に赤面を治す方法はないのでしょうか?

ストレスがかかったときの体内変化に詳しい
初台関谷クリニックの関谷院長によりますと
「赤面」が起こるメカニズムは未だ科学的に
解明されてないんだそうです。

さらに、赤面には現在の科学的常識に
反する大きな矛盾があるというのです。

実は専門家の話によると、人間は、
「緊張」や『恥ずかしさ』と言った感情を感じたとき時、
体内では、自律神経の作用で、顔を
『青白くする』働きが起こっているはずだという!???

生命維持に必要な神経である自律神経は、
交感神経と副交感神経に分けられていて、
この二つがバランスを保ちながら、
身体の様々な機能を調節しているのは知ってますね。

人が緊張や恥ずかしさを感じたときには
この自律神経のバランスが崩れて、
交感神経が優位になると考えられます。

交感神経が優位になった時、
顔面の毛細血管は収縮し、血流量が減るため
血の気の引いた青白い顔に見えるはず。

なにか、話が難しいですが、
ちょっと付き合ってください。

でも、恥ずかしさを感じた時、
人は赤面してしまいます。

なぜ、『赤面』が起きてしまうのでしょうか?

それは、脳温の上昇が赤面と深い関わりがあることが
明らかになったと言うのです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。