口下手、雑談恐怖を3日で直す!おしゃべり心理学!
<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>

デートの誘いを断らせない法則

YES と言わせる絶対法則の応用です。

あなたは、異性をデートに誘う時、
どういう誘い方をしていますか?

「あのー、今度の土曜日、何されてますか?
もし、お時間あれば一緒に食事でもどうですか?」

これ、最悪です。勿論、既に仲が良いか、
よっぽどあなたのことが気になっていた
ら、これでもOK をもらえるでしょう。

でも、こう言われた時の相手の
心理状態はどうなっているでしょう?

「えっ?何?何するの?デートの誘い?
何処連れて行かれるの?何食べるの???
私に気があるの?」

そう、相手は???だらけになって、
身構えてしまいます。

相手が受け入れやすい状況を
作ってあげなくてはいけません。

それには、YES と言わせる環境を作る。

そして、目的を明確にするのが大事です。

A「ねぇ、B さんって、パスタ大好きだって言ってたよね?」
B「うん、大好き!」
A「どういうのが好きなの?」
B「やっぱ本格派のアルデンテかな!先週行った荻窪の店なんて、シェフが5 年間
もイタリアで修行していたって言うだけあって、ホント美味しかったー!」
A「おおーー、そういうのいいよね!そそられるねぇー。じゃぁさ、四ツ谷にある
店知ってる?路地裏で目立たないんだけど、シェフがイタリア人で、食材も現地か
ら取り寄せてて、本場そのものなんだって!」
B「ええーー、凄い!本場には負けちゃうね。いいよね、そういう店」
A「食べてみたくなるでしょ?」
B「うん、なるなる。食べたくなってきた!」
A「じゃぁ、仕事終わりにでも食べにいこうよ!」
B「うん、いいよ!」
A「いつにしようか?」

ほら、この流れだと、
よほど相手が嫌でない限り断れないでしょ?

相手の興味があることで、YES を沢山貰っておけば、
最後も必ずYES になります。

ただ、残念ながら、この時点でのB さんの目的は、
パスタを食べることです。

A さんとデートをするのが目的ではありません。

でも、そんなことは関係ないですね。

A さんの目的はB さんと食事をすることです。
そこから近づいていけばいいのです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。