口下手、雑談恐怖を3日で直す!おしゃべり心理学!
<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>

初対面で緊張しない方法

実は、僕も本来は凄く人見知りをします。
初対面の相手だと緊張してしまいます。

なので、人前で緊張すること自体は、何も悪くありませんし、
気にすることではありません。

問題なのは、緊張で、何も話せなくなってしまう、
何を話していいか分からないという状態になることです。

言葉が出てこないと、気まずくなって更にあせって、
挙動不審になってしまう。

だから人と話すのが怖い、異性とも会話が出来ない
といった方が多いと思います。

まずは、精神的なものが一番大きいんですね。

失敗したらどうしよう?恥をかいたらどうしよう・・・と思うのです。

僕にもそういった相談が来ますが、人と話すのが苦手という人が、
僕に向かって話すときは、次々と言葉が出てくるのです。

人前で話せないという話をしっかりしてくれるのです。

それは、僕が、話し方のコンサルタントであって、
安心して話ができる相手だからなんですね。

だから、話ができないわけではないのです。

まず、いつでも自己紹介ができるようにしておいて下さい。

原稿用紙に、30 秒以内で自己紹介ができるように一度書いてみてください。

そのときに、相手にインパクトが残るようなフレーズを必ず入れます。

自分のアピールポイントとなる部分です。
例えば、漢字が珍しい人は、読み方をネタにしてもいいでしょう。

僕は、5 月5 日生まれなので、「5 月5 日子供の日生まれです。

いつまでも少年のような心がモッ
トーです!でも、最近大人の色気が出てきて困ってます」
なんて言ったりします。
(このネタはどちらかと言うと飲み会用ですが・・・)

いわゆる掴みですね。
あなたは、自己紹介の時のお決まりパターンを持っていますか?

持っている方は、自信を持って人と話が出来ているはずです。

持っていない人は、時間をかけて、じっくり自己紹介のネタを作って、
何回も練習していつでも使えるようにしておきましょう。

これで、まず最初の大きな不安からは解消されるはずです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。