口下手、雑談恐怖を3日で直す!おしゃべり心理学!
<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>

ありのままの相手を観察

ラベルを貼らずに、ありのままの相手を観察して、
書き出してみましょう。

もし、マイナス思考のラベルが出てきたら、
どのような相手の表情や変化でそう
思ったか、理由を書き出してみるとよいでしょう。

相手を色眼鏡でみたりラベルを貼ったりせずに、
相手のありのままを観る練習をしてみるのです。

マイナス思考のラベルが出てきたら、
そのことがなぜわかるのかと自問自答を
繰り返します。

ほとんどの場合、その答えは自分自身の思い込み
であるので答えは出ないはずです。

もし、答えが出たなら、それが正しいかどうか相手
に確認をすることが大切です。

相手の嫌なことが浮かんだら、
ノートに書き出しましょう・・・・

あなたは、相手の嫌なことや言葉が頭に浮かんだり
消えたり、そしてそのことがしょっちゅう気になり、
ストレスだなぁと思ったことはありませんか。

そんな時、人間の脳は書き出せば、
忘れることができるのです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。