口下手、雑談恐怖を3日で直す!おしゃべり心理学!
<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>

口下手の無意識の行動パターン

自信がないときの無意識の行動パターンが、
あなたの説得力を奪っていることもあります。

これらの行動パターンを改善するだけで、
緊張していても口下手で話が苦手な
人でも、説得力のある人間に見えます。

緊張しているときの無意識の癖は次の3つに集約されます。

無意識が不安をカバーしようとしてからだに現れるのです。

1)からだの動作がぎこちなく速くなる
2)からだの軸がぶれる
  (ぐねぐねしたり、手が頻繁に動き胸から頭にいったりする)
3)目が泳ぐ
  (きょろきょろする、頭ごと動くなど)

これらの3点をまったく逆の行動にすれば、
あなたは緊張していても落ち着いた
説得力のある人間に変身します。

1)ゆっくり動く、ゆっくり話す
2)からだはまっすぐに、軸をもち胸を張り肩を下げる
3)視線はまっすぐに落ち着かせ、相手を自然に観る

ぜひ気をつけてみてください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。