口下手、雑談恐怖を3日で直す!おしゃべり心理学!
<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>

「嫌われている」という口下手の人の思い込み

口下手の人の傾向として、
「嫌われた」、「無視された」などと勝手に思い込んでしまいます。

私もそうです。

でも、今一度考えてください。

あなたは、
「すべての人と話せない」
ということはないですよね。

ある人とは抵抗なくリラックスして笑顔で楽しく
話している人がきっといるはずです。

仲のよい友達や親友かもしれません。

そういう人たちとの会話のときは、相手のどんな言葉も、
素直で好意的に解釈して受け止めていることでしょう。

しかし、話のしにくい相手はどう思っているでしょうか。

話のしにくい理由や接しにくい理由となぜそう思うかを、
相手をどう思っているかではなく、相手からどう思われて
いるかという視点から、箇条書きで書き出してみましょう。

・「きっと嫌われているに違いない」
・「ダメなやつと思われている」
・「いやなやつと思われている」

などなど、これらの理由の根拠のほとんどは、
あなたの思い込みであり創造であるといえるでしょう。

うまく相手と接することができない、うまく話ができない
理由が、これらの余計な考え方・捉え方によるものです。

これらの思い違いは、相手を色眼鏡でみたりラベルを
貼ってしまったりしているのです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。