<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>

緊張した時になる赤面を防ぐ方法

愛知医科大学の菅屋教授の話によると、
通常37度前後である脳温が、何かの原因によって42度にまで達すると、
脳の神経細胞が死滅し始めるそうです。

そのため、体には、脳温の上昇を防ぐための「冷却装置」が備わっ
ていて、それが赤面だと考えられると言うことです。

赤面はと言うのは、顔面の最も外気に近いところにある毛細血管が
拡張する現象のことで、毛細血管が広がることで、血液の熱が外気
によって奪われて温度が下がる。

そして、この顔面の毛細血管は、脳へ血液を運ぶ動脈をぐるりと取
り囲む「海綿静脈洞」と呼ばれる場所につながっています。

顔面の毛細血管が拡張して冷やされた血液が運ばれると
「海綿静脈洞」の温度が下がります。

そうして、その影響で動脈に流れる血液が冷やされるので、
結果として脳に冷やされた血液が送られることになるのです。

つまり、赤面とは、緊張や恥ずかしさを感じることで、
交感神経が興奮し、脳は脳温の上昇を予測して、顔面の毛細血管を
拡張。脳へ向かう血液を冷やし、脳を冷却する。

赤面はこの一連の脳の冷却システムの流れの中で、起こると思われ
るものだったのです。

ここで、赤面の防止法を御紹介します。

続きを読む

緊張した時になる赤面を防ぐ方法

赤面というのは、緊張や恥ずかしさなど、
心理的ストレスが不意にかかったとき、

顔面に存在する毛細血管が拡張して、
そこに流れる血液の量が増えるために表皮から透けて、
顔が赤く見える現象です。

数分で治りますが、「赤面」を治したい人は
かなりいるみたいです。

では、手軽に赤面を治す方法はないのでしょうか?

ストレスがかかったときの体内変化に詳しい
初台関谷クリニックの関谷院長によりますと
「赤面」が起こるメカニズムは未だ科学的に
解明されてないんだそうです。

続きを読む

最初からデートを目的として誘ってしまう?

多くの人は、ここで間違いを犯してしまっています。

その間違いは、最初からデートを目的として
誘ってしまうことです。

いきなりデート目的で相手を誘うと、
そこには大きな壁が立ちはだかってしまいま
す。でも、考えてみてください。

デートをすることが目的ではないのです。

まず、相手と仲良くなることが目的なのです。

仲良くならなければ食事にも行けないし、
デートにも繋がらない。

だから、まずは、おいしいパスタが目的であったり、
今話題の映画が目的であったり、
花火やお祭りが目的であったり、何でもいいのです。

また、そういう相手が興味のあることを目的にした方が、
相手もYES が言いやすいわけです。

続きを読む

デートの誘いを断らせない法則

YES と言わせる絶対法則の応用です。

あなたは、異性をデートに誘う時、
どういう誘い方をしていますか?

「あのー、今度の土曜日、何されてますか?
もし、お時間あれば一緒に食事でもどうですか?」

これ、最悪です。勿論、既に仲が良いか、
よっぽどあなたのことが気になっていた
ら、これでもOK をもらえるでしょう。

でも、こう言われた時の相手の
心理状態はどうなっているでしょう?

「えっ?何?何するの?デートの誘い?
何処連れて行かれるの?何食べるの???
私に気があるの?」

そう、相手は???だらけになって、
身構えてしまいます。

続きを読む

口下手から卒業するテクニック

ネットで紹介されている会話術の多くは、相手を欺いたり、
ちょっとした騙しのテクニックを使ったり
と、大抵その場限りOK だったらいいような安っぽいテクニックです。

でも、そういうただ単に女の子を引っ掛けるだけのテクニックで、本当に素敵な相
手と出会えると思いますか?

一番大事なことは、本当に自分に会う、運命の一人の人に出会うこと
ここで紹介している方法は異性を誘う時だけでは無く、営業の現場でも有効です。

そして、更に、男性だけで無く女性も同じように使える技術なのです。
そして、仕事もプライベートも充実した毎日を過ごしてくださいね。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。